ケーブルテレビ接続ナビ - チューナーの選び方から活用法までTOP > 選び方について > メリットとデメリット

メリットとデメリット

 

あなたは、ケーブルテレビのメリットとデメリットをご存知ですか?

 

ケーブルテレビを使うには、やはりメリットとデメリットがありますよね。

まず、テレビの受信方法ですが、戸別にアンテナを設置する方法と、ケーブルテレビを利用する方法があります。

 

戸別にアンテナを設置する方法のメリットについては、戸別にアンテナを1台設置するため、家に何台テレビがあっても月々支払う視聴料金は変わりません。

 

しかし、その反対にデメリットについては、アンテナを設置しなければならないので、設置費用がかかるという事になります。

 

さらに、テレビ側にもデジタルチューナーが必要になりますね。

 

また、BSやCSやNHKを視聴する場合には、それぞれ契約をしなければならない手間もあります。

 

一方、ケーブルテレビにした場合のメリットは、一つの契約をすればBSもCSもすべて視聴可能になるという事です。

 

テレビ側にデジタルチューナーは不要なんですよ。

 

しかし、その反対にデメリットとしては、テレビや録画機器など1台ごとにSTBを設置する必要があるので、テレビ等の台数ごとに費用がかさむことですね。

 

1台追加するごとに、1ヶ月2,000円程度費用がかかってしまいます。

 

※ただし、運営しているケーブルテレビによって若干料金が異なるので事前にご確認下さい。

 

また、デジタルチューナーが不要で、テレビなどに内蔵されているものについては、そのチューナーが無駄になります。

 

さらに、録画もやり方が面倒でとても不便ですね。

 

テレビを視ている時には録画ができない、ダブルチューナーを使って2番組同時録画ができないなどの不便さがあります。

 

EPG機能を使っての録画も出来ますが、複雑なのでなかなか実際には録画できないんですね。

 

このように、アンテナにもケーブルにもそれぞれメリットとデメリットがあります。

 

これらを充分に理解した上で、どちらを採用した方がいいのかを検討して決めるようにして下さいね。

 

選び方について記事一覧

選ぶポイントとは?@

あなたは、ケーブルテレビを選ぶ基準は何ですか?ケーブルテレビは手軽で便利ですが、意外と料金が高くなる事もありますよね。よって、ケーブルテレビを選ぶにあたって、結局の...

選ぶポイントとは?A

あなたは、きちんとケーブルテレビを選ぶことが出来ていますか?ケーブルテレビの地上デジタル、パススルー方式は実用的だと思いますね。リビングに1台のSTBを設置しておけ...

チューナーについて

あなたは、ケーブルテレビチューナーをご存知ですか?ケーブルテレビチューナー=ケーブルテレビ局が送信している放送を受信するための装置を指します。正式名称は、「CATV...

チューナーの選び方

あなたは、ケーブルテレビのチューナーはどれも同じだと思いませんか?実は、ケーブルテレビのチューナーを選ぶ際には重要なポイントがあるんですよ。そこで、こちらでは正しい...

費用について

あなたは、ケーブルテレビの費用についてどのように感じていますか?ケーブルテレビを利用するには、もちろん費用がかかってきます。費用には、加入時に支払う加入金と工事費、...

メリットとデメリット

あなたは、ケーブルテレビのメリットとデメリットをご存知ですか?ケーブルテレビを使うには、やはりメリットとデメリットがありますよね。まず、テレビの受信方法ですが、戸別...