ケーブルテレビ接続ナビ - チューナーの選び方から活用法までTOP > 電話について > 電話について

電話について

 

あなたは、ケーブルテレビが取り扱う電話について何か知っていますか?

 

ケーブルテレビが取り扱う電話は「直加入電話」になります。

直加入電話とは、NTTなどが提供している固定電話のことで、ケーブルテレビが提供している電話のことを「CATV電話」とも呼んでいます。

 

2010年3月から、NTTからケーブルテレビなど他社の電話に移行する時にも、番号ポータビリティを利用することが可能になり、とても便利になりましたよね。

 

各会社が他の通信サービスなどとセットにして、割引料金を設定したりしていると思います。

 

ですが、工事費や基本料、通話料や割引条件などが各業者で同一ではないので、安いか高いか比較がしにくい状況になっています。

 

さて、ケーブルテレビの業者では、ほとんどがインターネットと複合したIP電話方式をとっています。

 

IP電話とは、電話番号が割り当てられているものですが、番号は「050」で始まるものと、一般の固定電話のように「0**」で始まるものの2種類があります。

 

これは、ケーブルテレビの回線を使って交換機に接続したものになります。

 

※一部のケーブルテレビ局では、KDDIのケーブルプラス電話を使います。

 

また、ジュピターテレコムの傘下にあるケーブルテレビ局では、一部VoIPではなくアナログ回線で回線交換していることもあるそうです。

 

ジュピターテレコムの傘下では、ウィルコムとの提携によってPHSサービスを行っているところもありますね。

 

家の固定電話をNTTからケーブルテレビに移行する場合には、NTTを休止状態にしてから移行するのか、解約してから移行するのかでも手続きが変わってきます。

 

休止状態にして行う場合には、手続きはケーブルテレビ局が代行してくれるんですが、解約の場合には本人で手続きをしなければいけません。

 

さらに、工事費用もかかってくるので簡単なことではないようですね。

 

よって、事前に損か得かをきちんと検討した上で、見極めてから申込むようにしましょう。

 

電話について記事一覧

電話について

あなたは、ケーブルテレビが取り扱う電話について何か知っていますか?ケーブルテレビが取り扱う電話は「直加入電話」になります。直加入電話とは、NTTなどが提供している固...

ケーブルプラス電話について

あなたは、ケーブルプラス電話を知っていますか?近年は、固定電話もケーブルテレビでつなぐ「ケーブルプラス電話」というサービスを行うケーブルテレビ局が増えてきましたね。...

IP電話との違いについて

あなたは、ケーブルプラスとIP電話との違いを知っていますか?こちらでは、ケーブルテレビで契約する電話の「ケーブルプラス」と「IP電話」の違いについてご紹介しますね。...

使い勝手について

あなたは、ケーブルプラスの使い勝手はどうだと思いますか?ケーブルプラスを利用するメリットについては、基本料や通話料の安さに加えて、使い勝手の良さが挙げられます。電話...

オプションサービスについて

あなたは、ケーブルプラス電話でのオプションサービスを知っていますか?ケーブルプラス電話では、NTT同様に電話を利用するにあたって色々なオプションサービスを用意しています。 ...